2010年05月31日

パスタランチ

今日は「パスタランチ」を食べました。

煮込み料理とワインのお店のパスタランチで、ムキエビのトマトソーススパゲティーと鶏のクリーム煮込み〜オレガノ風味〜が同じプレートに半分ずつ乗っていました。

2種類のメインディッシュが一度に楽しめたし、どちらもおいしかったし、お得な気分になりました。

また、お店の壁にはたくさんのワインボトルが並んでいてどれもお手頃な値段だったので、夜にワインを色々試しながら飲んだら楽しそうだな〜と思います!

Ragout.jpg
Ragout@表参道

人気ブログランキングへ ←ぽちっとなボタン
Thank you very much for your clicks.


ブランド戦略とブランディングの専門家




posted by ムー太郎 at 13:44| Comment(0) | ムー太郎のお昼ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

にぎり

今日は「にぎり」を食べました。

にぎり寿司が8貫のったランチで、それぞれは小さいけれどどれも新鮮で脂がのっていたので満足感は十分!

巻き寿司はカッパ巻きかな?と思ったら、少しネギトロが入っていたのが珍しかったです。

そしてカッパ巻きとネギトロ巻きは融合してもやっぱりおいしかったです!

すし京辰.jpg
すし京辰@恵比寿


人気ブログランキングへ ←ぽちっとなボタン
Thank you very much for your clicks.


ブランド戦略とブランディングの専門家




posted by ムー太郎 at 15:03| Comment(0) | ムー太郎のお昼ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

「味の素」のブランドメッセージ

こんにちは。
ムー太郎です。

ムー太郎のクイズに答えてちょうだい(^O^)/












正解は2です。

2009年に創業100周年を迎えた味の素グループが、今年から新たなブランドメッセージを採用しました。

そもそも味の素(株)の創業のきっかけは、1908年に池田菊苗博士がアミノ酸の一種であるグルタミン酸を発見したこと。

「日本人の栄養状態を改善したい」という思いを抱いていた池田博士は、当時化学薬品工業界では著名になっていた鈴木三郎助に、うま味調味料製造の事業化を依頼。こうして「味の素」と名付けられた調味料が世の中に送り出され、味の素(株)の創業となったのです。

その後もアミノ酸の価値を探求しながら事業領域を拡大。今では食品、アミノ酸製品、医薬品、化粧品など様々な事業を展開しています。

創業100周年を機に理念も見直され、「私たちは地球的視野にたち、“食”と“健康”そして、“いのち”のために働き、明日のよりよい生活に貢献します。」が新たに掲げられました。

グルタミン酸の発見に端を発し、自らの原点でもある「おいしくて食べて健康づくり」を食品、アミノサイエンス、医薬・健康の3分野にわたって発展させてきた味の素グループ。

次の100年は健やかに生きたいと願うすべての人々、さらには、いのちを育む地球のために事業を進化させ、貢献していくことを目指しています。


参照:味の素KK HP

人気ブログランキングへ ←ぽちっとなボタン
Thank you very much for your clicks.


ブランド戦略とブランディングの専門家


posted by ムー太郎 at 12:06| Comment(0) | ムー太郎の答えてちょうだい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

「桃屋」のネーミングの由来

最近、ラー油がブームになっていることを知ったムー太郎。
早速、近所のスーパーに話題のラー油を探しに行きました。

同僚への質問 その52
Q:「桃屋って、どうして桃屋なの?」


A:

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」(食べるラー油)があまりにヒットして、今は品切れ状態が続いているらしいわね〜
私も気になってたから、もし見つけたら私の分もお願いね!

さて1920年(大正9年)の創業当時からびん・缶詰製品のメーカーとして現在も親しまれている桃屋だけど、その由来は「桃」と「矢」でした。それが転じて「桃屋」となったそうよ。

桃が用いられたのは、創業者の小出孝男さんが上海の商学校に学んでいた時に、桃にまつわる中国の故事を知ったのがきっかけでした。

「西遊記」にも孫悟空が不老不死を求めて長寿の桃を食い荒らすという故事があったり、桃は中国では古来から吉兆のしるしや長寿のシンボルとして珍重された果物だったわけね。

それで小出さんは事業の長寿を願うと共に、矢を添えることで「吉兆を射る」、あるいは「桃を消費者に見立てて、その心をとらえる」という意味を「桃屋」に込めたそう。今も商品のふたには桃と矢の絵が描かれているわね。

なので、まるで桃を売っているかと思わせるようなネーミングだけど、創業者の事業に込めた想いが込められているのであって、桃は売っていない桃屋なのです!


参照:桃屋HP、「誰かに教えたくなる社名の由来」本間之英


人気ブログランキングへ ←ぽちっとなボタン
Thank you very much for your clicks.


ブランド戦略とブランディングの専門家

posted by ムー太郎 at 16:56| Comment(0) | ムー太郎のおしえてネーミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

WIREDハンバーグ

今日は「WIREDハンバーグ」を食べました。

暑すぎない程度に晴れていたので、テラスのあるレストランでのランチでした。

ハンバーグ自体もおいしかったのですが、デミグラスソースのワインの香りがとっても濃厚でおいしかったです。

テラス席で外を眺めながらアイスコーヒーを飲んでいると、もうすぐ夏が来るんだな〜と実感しました!

WIREDCAFE.jpg
WIRED CAFE@六本木

人気ブログランキングへ ←ぽちっとなボタン
Thank you very much for your clicks.


ブランド戦略とブランディングの専門家

posted by ムー太郎 at 14:40| Comment(0) | ムー太郎のお昼ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。