2010年01月14日

「ポッカ」のネーミングの由来

外出中に温かい物を飲みたくなったムー太郎。
自動販売機で売っていた缶コーヒーに目が留りました。

同僚への質問 その44
Q:「ポッカって、どうしてポッカなの?」


A:

この前東京では初雪が降ったし、ポッカポカの缶コーヒーが恋しくなる季節よね〜。

でもポッカのネーミングは“ポッカポカ”だからって訳じゃなくて、「ニッカーボッカー」という“スソが絞られたズボン”が由来になっているの。

ポッカコーポレーションは、会社が創業された昭和32年(1957年)当時、ニッカレモン株式会社という名前のレモン飲料製造販売会社でした。

創業者が開発したレモン飲料を会社設立前に、ニッカウヰスキーの運営するバー「ニッカバー」のカクテルに使ってもらったことがそもそもの始まりだったのよ。

それからニッカレモンのレモン飲料はヒットし、ニッカバー以外のバーや家庭にも普及するようになります。

そうするとニッカレモンというネーミングでは都合の悪い事もきっとあったんでしょうね。ニッカに変わるネーミングを考えることになりました。

新しいネーミングにはヒット商品のニッカレモンのイメージを残したいと思いながら考えていたところ、ちょうどその頃流行していた「ニッカーボッカー」とよばれるスタイルが思いついたそう。

つまり「ニッカ」と言えば「ボッカ」という思いつきから、「ボ」の響きを良くした「ポッカ」と言う名前が誕生したの。

こうして昭和41年(1966年)にニッカレモンという社名はポッカレモンに変更され、レモン飲料以外の商品が増え始めた昭和57年(1982年)に現在のポッカコーポレーションになりました。


人気ブログランキングへ ←ぽちっとなボタン
Thank you very much for your clicks.


ブランド戦略とブランディングの専門家



posted by ムー太郎 at 10:13| Comment(0) | ムー太郎のおしえてネーミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。